ピロリ菌除菌

ピロリ菌とは

ピロリ菌

ピロリ菌は比較的、最近発見された胃の中に住む菌であり(ピロリ菌が住み着きやすい場所は、胃の出口付近の胃粘膜です。)、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など引き起こす要因の1つであることがわかっています。
実際に、胃潰瘍、十二指腸潰瘍患者の80%以上がピロリ菌感染者であるという報告があります。また、ピロリ菌の感染は高齢者に多いこともわかっています。
ピロリ菌の発見は大きな驚きでした。なぜなら、胃の中は食べ物を消化するために強い酸性の環境になっているため、そんな過酷な場所に細菌が住める訳がないと考えられていたからです。
 しかし、胃粘膜に住んでいるピロリ菌は、ウレアーゼという酵素をもっているため、胃の中にある尿素からアルカリ性のアンモニアを作り、胃酸を中和することによって、自分の周りを住むことが可能な中性にして生存しています。

ピロリ菌とは



ピロリ菌が胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こすメカニズム

健康な人の胃の中は、食べ物を消化するための胃酸やペプシンなどの攻撃因子と、攻撃因子から胃を保護する胃粘液などの防御因子のバランスが保たれた状態になっています。しかし、このバランスが崩れて攻撃因子の方が優位になると、食べ物だけではなく胃そのものも溶かし胃を荒らしてしまいます。そして、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍が起こります。
ピロリ菌は胃の中の攻撃因子と防御因子のバランスを崩し、消化性潰瘍を引き起こす要因の1つとなります。

ピロリ菌が胃潰瘍、十二指腸潰瘍を起こすメカニズム


ピロリ菌除菌について

ピロリ菌に感染しているからといって、必ずしも消化性潰瘍を起こすというわけではありません。しかし、消化性潰瘍が繰り返して起こる場合にはピロリ菌の除菌療法が効果的です。除菌療法には、ピロリ菌を死滅させる2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑えることで抗菌薬の効果を高める薬が使用されます。


現在、ピロリ菌の除菌は保険適用となっております。


当クリニックは、ピロリ菌の検査や治療を行っております。胃腸の調子がすぐれない方は、是非ご相談下さい。
ABC検診のお勧めー胃の健康度や胃癌発症する危険度を判定します。)




堀内内科消化器科クリニック ご案内
堀内内科消化器科クリニック TOP
内科 消化器科 診療案内
院長紹介
施設案内
交通案内
予防接種
求人募集

診療科

内科 消化器科

受付時間

午前 9:00〜12:00
午後 4:00〜 7:00
(水・土曜日は午前のみ)

休診日

日曜日・祝祭日
第3土曜日

お問い合わせ

ご連絡、お問い合わせは下記の電話にてお願い致します。
TEL 052-933-0808

駐車場案内
名古屋 駐車場 東区 北区 堀内 内科 消化器科 クリニック

携帯サイト
堀内内科消化器科クリニック 携帯サイト
QRコード

Counter

このホームページご覧頂くにはFLASHPlayerが必要となります


Horiuchi Clinic

名古屋市東区芳野3丁目6番4号ダイアパレス東白壁D003(北区志賀本通 若葉通2交差点南)
TEL 052-933-0808  FAX 052-933-0809
名古屋 東区 北区 堀内内科消化器科クリニック堀内内科消化器科クリニック


(C) copyright Horiuchi Clinic 2006 all rights reserved